2010年05月19日

ネットワークビジネス、絶対安全確実な断り方を教えます

ネットワークビジネスの断り方.jpg

もう友達を誘うMLMはやめたくないですか?

ネットワークビジネスの勧誘はあまりいいイメージでは
ありません。

しかし、別にこれはネットワークビジネスに限ったことでは
ないでしょう。

生命保険にせよ、マンションにせよ、新聞にせよとにかく
勧誘されるのはイヤなものです。

ただ、新聞や生命保険の場合は、家族が増えたから考えないと
とか、引越したばかりなので新聞とらないと、といった理由で
必要な状態っていうのがあります。
(もっとも、不思議なことに新聞の勧誘って待っている時には
 なかなか来ないんですよね。)

ただ、同じ勧誘がイヤでも、何故、ネットワークビジネスだけが
ヘンな目で見られるのか?

そしてしつこい勧誘の断り方なんかで頭を悩ませるのか?

新聞や保険の場合、
「新聞社に就職した」とか、「保険会社に勤めている」なんて
言っても別に何も思われないですよね。

しかし、ネットワークビジネスの場合、産業そのものが偏見
と誤解の目で見られているので、格別、ネットワークビジネス
の勧誘は困ったものとして受け取られるのでしょう。

さて、ネットワークビジネスの勧誘の断り方ですが...

電話や場合によっては家まで来る場合。

理想としてはハッキリ断るのがベストですね。
断っても電話してくるようなら、ネットワークビジネスの
会社のホームページとかを検索し、電話番号を調べて
そこに苦情を入れるのがいいでしょう。

まともな会社なら、強引な勧誘被害なんかで、クレーム
来ると敏速に対応します。

放っておくと、そこから被害が拡大して、業務停止処分なんか
につながる恐れがあるからです。

ただ、その人との付き合いをプッツリと切れてしまうのがイヤ
な場合は...

別のネットワークビジネスの会社の名前を言って
「親戚がそっちやってるから、ここですることにした。
 君もどう?」
とか言う断り方もありです。

とはいえ、かえって
ネットワークビジネスに偏見もってない人だ」
と思われてますます強力なプッシュが来る可能性があるので
ちょっと判断に迷いますよね。

ただ、本当にする気がないのなら、その人との縁が切れても
ピシッとした対応をとるべきです。

付き合いが切れるのを恐れて、断り方に悩んでいる間に
「サインだけなら」
とサインをしたら....

後は付き合いが切れるのを恐れて
「今回だけは...」「今回だけは...」
「これで最後だから...」
と思い続けながら、えんえんと商品の買い込みをする日々が
待っています。

ある日、どんどん減っていく預金通帳に愕然とし、
「こんな事なら、こいつと縁を切ってでも断っておけば
 良かった...」
と思うことになるのです。

どうせネットワークビジネスやるなら友達を誘わずにやりたいですよね?
posted by 特命係長只野課長 at 23:43| Comment(0) | ネットワークビジネスの被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

ネットワークビジネスのリーマンショック?ニューウエイズの株騒動!

ネットワークビジネスとニューウエイズの株.jpg

赤の他人をダウンにする方法、知りたくないですか?ネットワークビジネスの会社、ニューウエイズは今、どうなって
いるのでしょうか?

2007年4月、ニューウェイズ
「将来、ニューウェイズ式を上場するが、その式を
 取得する権利をメンバーの皆さんが得られます」
という発表をしました。

ある一定のタイトルを持っている人については、
いずれ上場する式の優先取得権を得られる、という
ものです。

そして、ニューウエイズのディストリビューターは
タイトル維持のために自分だけでなく、ダウンにも
買い込みをさせます。

が上場すれば10倍、20倍にもなって
 返ってくる!」

といい続け、中には1000万円も買い込みした人も
いたようです。

ネットワークビジネスとはあくまでも、商品のよさを
伝えて組織を広げるものです。

にも関わらず、をメインにして、商品の購買意欲を
あおるのは間違っています。

戸田廣美社長をはじめとする経営サイドは、タイトル維持の
ため、ダウンに買い込みさせていたメンバーがいたのを
認識していた、との話もあります。

また、メンバーの中にはダウンから
「いつは上場するのか」
と突き上げられている人もいるようです。

このままでは、ネットワークビジネスの世界を跳び越して
社会問題になってしまうかもしれません。

ネットワークビジネスというシステムにこれ以上、変な誤解を
与えないためにも、本来の「商品」ありきのビジネススタイル
に戻ってほしいものです。

ちなみに、私がやっているのあくまでも「製品」ありきの
ビジネスです!

しかも友人を勧誘する方法はとっていません。

毎日充実して活動しています!

月々の消費分の値段がリーズナブル。

買い込みも一切なし。

ムリな勧誘や、強制的なセミナーも禁止。

友達を誘う必要なし!インターネットとメールだけで展開が出来る!

自分が欲しい分を、適正な価格で買って、消費して楽しむ。

製品はその筋の専門家でも唸るほどの優れもの。一級品。

そんなアットホームで、消費者思い、かつすぐれた頭脳が集まった
結果を出し続ける、結果にこだわる集団のビジネスはこちらです

↓クリックしてみてください。

友達は誘いません!勧誘なしのMLM成功者が禁断技を公開


posted by 特命係長只野課長 at 00:01| Comment(0) | ネットワークビジネスの被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

ネットワークビジネスでは何故、被害者がでるのか?

沖縄でネットワークビジネス.jpg


友人を勧誘しないでネットワークビジネスしたいですか?

ネットワークビジネスは商品を流通させるための
手段のひとつです。

本来はそれだけのものなのに、なぜか、ネットワークビジネス
では被害者なるものが出てしまいます。

本来、ネットワークビジネスの商品を購入する時は、
普通の買い物と同じく、自分が必要とする分だけ買って
おけばいいのです。

ところが、タイトル維持に必要な売り上げノルマのため、
ダウンに買い込みさせる人が存在します。

買わせる時のパターンは

「ビジネスで成功したかったら、売るルートを作ってから
 買っていてはだめですね。
 成功者は仕入れてから、売るルートを作っています。
 でなければ、本気で勧誘なんかしないでしょう?」

ネットワークビジネスをしたからには、誰だって成功
したいですよね。

そして、何も知らない人が、そう聞かされると、
「そうか、販売ルートを作って仕入れていてはだめなんだ」
と信じてしまい、大量の商品を買い込みます。

結果、商品の在庫を抱えて、ネットワークビジネス
被害者の出来上がり、なのです。

実は売るルートを開拓して、そこから商品を仕入れながら
成功している人だって沢山いるのです。

被害者になりたくなかったら、商品の買い込みを
促すグループやアップには要注意しましょう!

買い込みどころか友人の勧誘すらありません!
 
posted by 特命係長只野課長 at 23:39| Comment(0) | ネットワークビジネスの被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。