2012年04月27日

金持ち父さんは詐欺だった?実在しない架空の登場人物?その真偽は?


金持ち父さんは詐欺.jpg

ロバートキヨサキの書いた本、金持ち父さん貧乏父さん。

この本事態が、マルチの勧誘を目的とした、おおいなる詐欺だ、という
話があります。

おもわず頷いてしまう、分析の中身とは...


金持ち父さんシリーズは、最初のほうは株の購入をすすめています。

ところが、途中から株の購入はすすめていません。


むしろ、株はやめること、そして自分でビジネスをするように言って
います。


そのビジネスがネットワークビジネスです。

そのためか、ネットワークビジネスの勧誘にこの本使われて、やたらと
金持ち父さんを勧める、マルチの関係者が多くなりました。


そもそも、最初、株をすすめていたのに、なぜ、株を買うな、なんて
話になったのか?


それは金持ち父さんが、マルチの勧誘として使われるようになり、
それが理由でばんばん売れ出したからです。

ネットワークビジネスを持ち上げれば、関係者が買ってくれる!

これが分かったので、最近の金持ち父さんシリーズはほとんど
ネットワークビジネスの推薦書みたいになっています。


それに書いてあことが似たりよったり...というのも、詐欺だ!
と言われてしまう原因なのかもしれないですね。


また、金持ち父さんが実在するのか、アメリカマスコミが必死になって
該当する人物を調べたけれど、見つからなかった、というのもあります。


本の中では、金持ち父さんが1955年にハワイでコンビニをオープン
させたことになっていますが、実際ハワイで最初にコンビニができた
のは1960年代です。


ただ、こうした部分のみを注目し、金持ち父さんって詐欺じゃないか、
と腹を立てるのが正しいか、というとそうでもありません。


確かに、作者のロバートキヨサキは過去に投資の記録がない、という
話もあり、本に書いてあることと実際は違う、詐欺だ、という声も
あります。


しかし、金持ち父さんを読んで、行動して、権利収入を手にし、
お金と時間の自由を手にした人もいます。


要は自分次第ですね。

少なくとも、

「この本はデタラメだ!詐欺だ!だから行動しなくてもいい!」

と、今まで通りの生活を送る言い訳にしてはいけません。


金持ち父さんを読んで、「いいなぁ。自由な時間で過ごせる生活」
と少しでもあこがれたのであれば、行動してみるべきでょう。



とはいえ、行動って言っても、具体的に何をするべきか?



起業...は、おそらくアイデアと資金の面でみんな挫折してしまう
でしょう。

不動産も同じです。
そこまで資金がある人はまれですよね。


ではネットワークビジネスは?


無理!?ですよね。

ねずみ講もどきのイメージしか持たれていないネットワークビジネス
で友人を勧誘できる人なんて、とてもいないでしょう。


・・・って...選択肢全然ない...全滅?



実は手段は残されています。

そもそも、ネットワークビジネスって友人を勧誘しなくてはいけない、
という固定観念にとらわれていませんか?


実は友人を一切勧誘しなくてもネットワークビジネスできるんですよ!



実際に、この方法でネットワークビジネスをやった方の中には、


最初は副業だったのに本業の収入を超えてしまっ方もいれば

主婦をしながらやっているうちに、旦那の給料を超えてしまった方もいます。


ちなみに、一切、周囲の友人とか親戚とかに声をかけていません。

では、どうやってリクルートしたのか....



詳しい方法をここを見てください!
 ↓↓↓
友人知人の勧誘ゼロで、ネットワークビジネスで誰もが
憧れるヒマリッチ人間になった人が、その方法を大公開!


*注意・・・この方法は、一部のネットワークビジネスの会社では使えないことがあります。
posted by 特命係長只野課長 at 00:29| Comment(0) | 金持ち父さんは詐欺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。