2010年11月25日

ネットワークビジネスは法律を守っていたら誰も勧誘できないよ!

ネットワークビジネスと法律.bmp

友達を誘うな!インターネットのネットワークビジネス集客術とは?

ネットワークビジネス法律上では、連鎖販売取引と位置付け
られています。

「特定商取引に関する法律」というのがあり、この法律の、
第三章 連鎖販売取引(第三十三条―第四十条の三)の部分が
ネットワークビジネスに該当します。

当然、ネットワークビジネスに携わる人はこの法律を知って
おく必要があります。

とはいえ、この法律を無視した勧誘やセールスが行われて
いるのは、残念ながら事実であり、それがネットワークビジネス
の悪評に繋がっているのでしょう。

もちろん、全部が全部、法律を守らないで活動しているわけ
ではありません。

とはいえ、事前にネットワークビジネスの説明会であること
を告げず、ただ

「すごい人の話が聞ける」

と言って勧誘したり、

「久しぶりに食事でもしようよ」

と言われて、行ってみたら、食事しながらネットワークビジネス
の勧誘をされた...

などなど...

こういった話は後を絶ちません。

ネットワークビジネスの勧誘をする時には、事前に相手に
ネットワークビジネスの勧誘であることを伝えなければいけ
ません。

そうしないと法律違反になります。

しかし、分かっていながら、こうした行為が後を絶たないのは、
何故でしょう。

でも普段に考えてみれば分かることです。

例えば友達を食事に誘う時、

「今度、久しぶりに食事に行かない?
あ、その時にネットワークビジネスの勧誘するからね!」

と言われて、来る人がいるでしょうか?

でも、ガチガチに法律を守っているとこういう形になるの
です。

どうでしょう?

法律を守って勧誘して、上手くやって行く自信がありますか?

おそらく殆どの人は、「無理!」と答えるでしょう。

それゆえに、ネットワークビジネスの勧誘は法律ギリギリの
ところで行わざるを得ず、結果として踏み出してしまう人も
いるのです。

では、法律をきっちりと守ってネットワークビジネスの勧誘
をすることは不可能なのでしょうか?

もちろん、そんなことはありません。

勧誘の方法を変えてみればいいのです。

ネットワークビジネスの勧誘と言えば、イヤがっている相手
に対して、巧みな話術で興味を持ってもらうものでした。

そうではなく、最初からネットワークビジネスに興味を持って
いる人達を集めて、向こうからコンタクトを取ってもらう。

そんな夢のような方法も、インターネットを使えば可能です。


月々の消費分の値段がリーズナブル。

買い込みも一切なし。

ムリな勧誘や、強制的なセミナーも禁止。

友達を誘う必要なし!インターネットとメールだけで展開が出来る!

自分が欲しい分を、適正な価格で買って、消費して楽しむ。

製品はその筋の専門家でも唸るほどの優れもの。一級品。

そんなアットホームで、消費者思い、かつすぐれた頭脳が集まった
結果を出し続ける、結果にこだわる集団のビジネスはこちらです

↓クリックしてみてください。

友達は誘いません!勧誘なしのMLM成功者が禁断技を公開
posted by 特命係長只野課長 at 01:32| Comment(0) | ネットワークビジネスと法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。